オルソケラトロジー治療のご案内

オルソケラトロジー治療イメージ

オルソケラトロジー治療とは、近視のための、手術をしない視力矯正治療法。夜寝る前に、オルソケラトロジーレンズという特殊なコンタクトレンズをつけることで、就寝中に角膜の形を変化させ、裸眼視力を矯正します。
中等度近視までの方が適応になります。
妊娠中および授乳中の方は適応外となります。

オルソケラトロジーとは

手術のいらない視力矯正治療

「オルソケラトロジー」とは、近視のための、手術のいらない視力矯正治療法です。
日本ではレーシックほど知られていませんが、アメリカやヨーロッパ、アジア諸国を中心に、世界各国で安全性・有効性が認められ、治療が行われています。

日中の裸眼生活が可能に

オルソケラトロジーでは「オルソケラトロジーレンズ」という特殊な形状が施された、高酸素透過性の専用ハードコンタクトレンズを夜寝る前につけて、朝起きたらはずします。
就寝中にレンズが角膜の形を変化させ、裸眼視力を矯正するのが特徴です。それにより翌朝レンズをはずした後も、角膜の形状が矯正された状態を一定時間維持できるため、裸眼で過ごせるようになります。

小児の近視進行抑制効果

小児では近視の進行を抑える効果が報告されております。また、マイオピン点眼と併用することで、より強い近視進行抑制効果が報告されております。

2分でわかる!オルソケラトロジー

まずはこちらの2分間の動画をご覧いただくとわかりやすいかと思います♪オルソケラトロジーの視力矯正の仕組みや、子供の頃から使用している方々の感想などをご紹介していますのでぜひご覧ください。

オルソケラトロジーの仕組み

近視の視力を矯正にするには

近視とは、外から入ってきた光が、眼の中の網膜より手前で焦点(ピント)が合っている状態です。
近視の矯正には、目に入ってきた光が網膜上でピントが合うように、光の屈折率を変える必要があります。
オルソケラトロジーは、夜寝る前にオルソケラトロジーレンズをつけて、寝ている間に角膜の形状を平らに矯正し、光の屈折率を変化させることでピントが合うようになります。

オルソケラトロジーの仕組み

特殊なレンズデザインが角膜の形状を矯正

オルソケラトロジーに使用するレンズは、手術をすることなく角膜の形状を変化させて近視を矯正する医療機器です。
レンズは複数のカーブからなる特殊なデザインとなっており、それによって角膜の形状を矯正することができます。
そのため翌朝レンズを外した後も一定時間効果が持続し(角膜が矯正された状態を保つことができ)、日中裸眼で生活できるようになるのです。

角膜形状

一般的なコンタクトレンズやメガネ、レーシックと何が違うの?

コンタクトレンズやメガネとの違い

コンタクトレンズやメガネは日中、活動している時間帯に装用しなければなりません。それに対し、オルソケラトロジーは、日中活動する時間帯に裸眼で快適に過ごせるよう、夜寝ている間につけて視力を矯正します。

レーシックとの違い

レーシックは一度手術を受けると角膜の形状をもとに戻すことができません。一方、オルソケラトロジーは、万が一治療が合わなかった場合でも、レンズの装用をやめれば角膜の形状はもとに戻るため、別の治療に切り替えることも可能です。
このように、オルソケラトロジーは日中の快適な「裸眼生活」が可能になる、手術のいらない視力矯正治療法といえます。

レーシックとの違い

オルソケラトロジーのメリットとデメリット

オルソケラトロジーにもメリットとデメリットがあります。この治療がご自身の目の状態や生活習慣に適しているか検討する上で、ご参考にしてください。

メリット

  • 手術をせずに就寝時にレンズ装用することで日中裸眼で過ごすことができます。
  • スポーツ(特に激しいスポーツ)をする方に向いています。
  • コンタクトレンズのわずらわしさから解放されます。
  • レンズを装用を中止しますと元の角膜の状態に戻せます。
  • 小児の近視進行抑制効果が報告されています。

デメリット

  • 日中裸眼で生活するにはレンズを毎日就寝時に装用する必要があります。
  • 治療の効果には個人差がございます。
  • 日中裸眼で生活するには日数がかかります。
  • 通常のコンタクトレンズと同様にレンズケアが必要となります。

当院の使用レンズについて

当院では、2012年に厚生労働省より製造販売承認を受けたオルソケラトロジーレンズ「ブレスオーコレクト®」を使用しています。

当院の使用レンズ

ブレスオーコレクト®の特徴

  • 設計開発から製造販売まで一貫して日本で行われている純国産レンズ。日本人に多い角膜形状に合うようデザインされた日本人向けのレンズです。
  • 東レ社製のしなやかで割れにくい、やわらか素材を使用しており、自然な装用感を体感できるレンズになっております。
  • 酸素透過性が高く、睡眠中も角膜へ十分な酸素が供給できます。

ブレスオーコレクト®の視力矯正効果

  • ブレスオーコレクトの有効性は、臨床研究を実施し、認められています。
  • 臨床研究では、装用開始時の裸眼視力の平均は0.22でしたが、装用後12週間で1.45まで改善しました。
  • 裸眼で過ごせるようになるまでの目安は、個人差はありますが、中程度の近視であれば約1週間ほどで、日中裸眼で過ごせるようになります。
裸眼視力の経時変化、裸眼で過ごせる時間の目安

治療費用について

当院におけるオルソケラトロジーの治療費用は以下の通りになります。

費用

両眼 : 165,000円(税込)  
片眼 : 110,000円(税込)

  • オルソケラトロジーは保険対象外の自由診療のため、治療費用は全額自己負担となります。
  • 最初の適性検査は保険適応となります。(3割負担で3,000円弱)
  • 費用には、レンズ代金とスターターキット(初回ケア用品やレンズケース)が含まれています。
  • 定期検査には別途費用がかかります。(1回につき2,200円)
  • レンズの定期交換時(2~3年ごと)に別途費用がかかります。(1枚33,000円)
  • クレジットカードが使用できます。
  • オルソケラトロジーの治療費は、所得税の医療費控除が受けられます。詳しくは国税庁HPへ。

レンズ保証

処方によるレンズの変更 : 6か月以内 
左右ともに1回無料
破損によるレンズの交換 : 1年以内 
左右ともに1回無料

  • 破損交換の際は、必ずレンズの破片が半分以上あることが条件になります。
  • レンズ紛失による保証はありませんので、取扱いには十分ご注意ください。

お試し装用体験

中等度近視までの方が適応になりますので、まず適性検査(保険診療)が必要です。
適性ありと判断されましたら、当院ではお試し装用体験を実施しています。
ご興味のある方はぜひご来院お待ちしております。

オルソケラトロジーに関するQ&A

オルソケラトロジーのレンズ取り扱いと安全面に関する不安や疑問にお答えします。

レンズの寿命はどれくらいですか?
レンズの寿命は通常の高酸素透過性ハードコンタクトレンズと同じくらいで、2~3年程度で交換が必要になります。定期検診をきちんと受け、医師やスタッフにレンズの状態を確認してもらい適切に使用するようにしましょう。
レンズの装用方法は教えていただけますか?
オルソケラトロジーレンズの装用方法につきましては、眼科施設での指導がありますので、ご安心してご使用いただけます。取り扱いは一般的なハードコンタクトレンズとほぼ同じで、やり方さえ覚えれば、どなたさまでも簡単にお使いいただけます。
レンズケアはどのようにするのでしょうか?
一般的なハードコンタクトレンズと同様に、日常のケアを行います。レンズを外したあとに洗浄してから保存します。ケアを行わないと汚れの蓄積等により合併症を引き起こす可能性がありますので、医師の指導のもと十分なケアを行ってください。
いろいろなケア用品があるけど、どれを使っても良いのでしょうか?
ケア用品は患者さまによって異なりますので、指定のものをご利用ください。詳しくは医師やスタッフにお問い合わせください。
オルソケラトロジーによる合併症のリスクはありますか?
使い方を守らなかったり、レンズケアを怠ると、通常のコンタクトレンズと同じトラブルが起こる可能性があります。トラブルを未然に防ぐためにも、レンズケアを徹底し、必ず定期検査を受けましょう。目に違和感がある場合は、装用を止めて、医師の指導を受けてください。
装用中に目をこするとどうなりますか?
強く目をこすった場合、まれにレンズがずれることがあります。レンズがずれたまま長時間を経過すると、翌日の見え方に影響する可能性がありますので、目をこすらないように気を付けてください。
遠視や乱視でもオルソケラトロジーはできますか?
オルソケラトロジーは近視矯正治療であり、遠視を矯正することはできません。乱視は近視に置き換えて矯正することができますから、さほど強くない乱視を矯正することは可能です。